【主婦の副業】イラストで稼ぐ方法やコツおすすめサイトを全て紹介!

 

 

イラスト描くの好きなんだけど仕事に出来ないかな?
イラストで稼ぎたいけどどうしたらいいの?
イラストでお小遣い程度稼げるの?
出来ることなら自分の好きなことで稼ぎたいと思う人は多いですよね。

そこで今回は、

  • イラストが得意
  • イラスト描くのが好き

そんな人がイラストで稼ぐにはどうすればいいのか?

お勧めのサイトはどこなのか?について紹介したいと思います。

イラストで稼ぐためには色んな方法があります。

自分にあったものを見つける参考にしてもえると嬉しいです。

スポンサーリンク

イラストで稼ぐにはどんな方法があるの?

イラストで稼ぐには以下の5つのやり方があります。

1.イラストストック

イラストダウンロードサイトでイラストを登録することで、ダウンロードされる度に金額が支払われます。

隙間時間でコツコツ作品を描いてストックしておく事ができるので、細切れな時間しかとれない主婦にピッタリの副業になります。

一度アップしたイラストがサイトがなくならない限り半永久的に収入を生み出してくれるのがフォトストックのいいところです。

稼ぐコツは何が求められているかリサーチすることです。

今需要があるイラストの傾向や、ニッチでもダウンロードされそうなものを見つける事が出来れば、後発組でも収入が期待できます。

まとまった枚数イラストを登録しないと収益には結びつかないので、収入を得ようと思えば最低でも300枚以上は必要。

一枚ずつアップするよりは複数同時にアップする方が目にとまりやすいのでおすすめです。

 

2.広告収入

Youtubeやブログに広告を貼って収入を得るやり方です。

直ぐにまとまった金額が手に入る訳ではないですが、アクセスが多く集まれば集まるほど収入になります

時間がかかっても良いので収入の柱を増やしたい人におすすめのやり方です。

3.商品販売

SNSアイコンやポスター、マンガなど自分が描ける物を商品として売りにだします。

使うサイトは色々あるので後で1つずつ説明していきます。

4.クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドワークスで出ているイラスト案件に応募して仕事を得るやり方です。

案件が取れれば収入にすぐ繋がるので早く稼ぎたい人向きです。

ただしクライアントとのやり取りで時間を取られたり、納期があるので子供に手がかかる場合は難しいです。

5.指名依頼

自分が所有しているブログやSNSに直接仕事依頼が来て、その案件をこなすことで収益を得る方法です。

固定ファンがついてたりオリジナティーあふれるイラストだったりと条件があるのですぐには収益にならない。

多少の営業活動は行った方が認知してもらいやすのではないでしょうか?

最終的に指名依頼がくるようになればイラストでパート代以上の金額は稼げるようになります。

指名依頼を目指すというよりは他の稼ぎ方で実績を作った結果、指名依頼でも稼げるようになるといった経緯になります。

イラストを描いて稼ぐやり方

フォトストックで稼ぐ方法

イラストACは日本最大級の無料イラストダウンロードサイトになります。

1回のダウンロードで3.56円の収入が得られます。

10万円以上稼いでいる人もいますが5,000円~2万円を目指す方が現実的です。

おすすめのイラストはフレームや季節物です。

人気ランキングや人気イラストレーターを見てどんなものが売れているのか?

どんな絵柄が好まれているのか?など参考にしてイラストを描きましょう。

自分が描きたい物ではなくどんなものが需要があるのかをしっかり把握する必要があります。

イラストAC に登録したイラストは、著作権を譲渡しているので、他の媒体で使うことが出来ないので注意が必要です。

 

Pixtaは有料コンテンツとしてイラストを販売できるので、ダウンロードされればイラストACよりも単価は高くなります。

イラストは著作権を放棄しないので、SNSやブログ、ポートフォリオや他のフォトストックのサイトに使うことができるのが利点です。

Pixtaにイラストをアップロードするには、入門講座や入門テストにパスする必要があります。

 

広告収入で稼ぐ方法

Youtubeにアップした動画に条件付きですが広告を貼る事が出来ます。

「イラスト講座」「イラスト上達の歴史」「イラスト描いてみた」などいろんな動画があります。

マンガタッチや肖像画・風景など比較的好きなイラストを描いてアップしている人が多い印象です。

再生回数が伸びている動画はやはりファンがついている事が多いようです。

動画撮影に加え編集などに時間がかかるので片手間で稼げる手法ではありません。

しかし、イラスト系の動画は人気があるので取り組む価値は十分にあります。

 

イラスト無料素材サイトを作成して広告収入を得ることができます。

無料素材ダウンロードのサイトでは、「いらすとや」「イラストレイン」などが有名ですね。

フォトショップの個人版だと思ってもらえれば分かりやすいと思います。

需要が有るイラストを描く必要や定期的な新作イラストのアップなどが必要。

サイトを一から作らないといけないので、立ち上げまでに時間がかかります。

イラスト無料素材サイトの作り方は後日記事にしたいと思います。

 

商品販売で稼ぐ方法

noteエッセイや写真・イラストなど自分の作品を配信出来るサイトです。

有料設定はもちろんサポート設定も有るので収益化できるのがポイントです。

短編漫画や四コマ漫画などの投稿におすすめです。

「育児あるある」や「国際結婚あるある」など経験した人が共感できるものが好まれる傾向にあります。

オリジナルの漫画などはSNSで人気がないと難しいです。

 

エブリスタは小説や漫画を無料はもちろん有料で販売もできるサイトです。

最初は無料で投稿して途中から有料にしたり、スピンオフを有料にするなど戦略が必要。

金額設定を低くすることでダウンロードされやすくなります。

 

ココナラは自分の得意な事を売買できるスキルマーケットです。

キャラクターを描くのが得意ならココナラはおすすめです。

SNSアイコンや一枚絵など依頼主の要望に答えてイラスト作成するので画力は必要。

ストックフォトと違い単価が高く設定できるので、依頼件数が多ければ10万円以上稼ぐ可能性もあります。

イラスト作成でスキル販売している人が多いので、どうやって顧客を獲得するかが重要です。

 

SKIMAではSNSアイコンやロゴ、似顔絵など依頼されたものを作成して収入を得る事ができるサイトです。

ココナラと似ていますがSKIMAはイラストに特化されたマーケットになります。

販売価格の初期設定も高いのでイラストに自信があるひとにおすすめです。

ココナラと併用して使う人も多いです。

 

Minneはハンドメイドサイトですがイラストジャンルがあります。

ただしキャラクター系のアイコン作成や一枚絵とは違い、ポスターやイラストカレンダーなどインテリアとして使うことができる物を出品しているのが特徴てす。

 

クラウドソーシングで稼ぐ方法

GIKUTASはイラストに特化したクラウドソーシングサイトです。

副業というよりはイラストレーターのプロを目指している人向けの印象が強いです。

イラストの納期はもちろんクリエイターの途中変更やキャンセルなどが出来るので、ゆるく稼ぎたい人向けではありません。

イラストの仕事を副業から本業にしていきたい人にはおすすめ出来ますが、主婦の副業には向かないのではないかと思います。

ランサーズやクラウドワークスでもイラスト案件があります。

依頼が来るのを待つより自分から動く方が好きな人には向いているかもしれません。

 

 

イラスト下手だけど稼げるの?

イラストが描けないのとイラストが下手なのは違いますよね。

絵が下手でも漫画家になっている人もいれば、小説の挿絵が下手なイラストもある。

下手な絵でも味が有って人気のクリエイターがいる一方、絵が上手なのに売れない人もいます。

見る人の主観によって美味い下手は分かれるのではないでしょうか。

幼稚園児が描くようなどうかと思うイラスト以外は挑戦してみる事をおすすめします。

 

どれくらい稼げるの?

全く売れなくて収入を得られない場合も有りますが、戦略を立てて改善した行けば収益がたたない事はないはずです。

直ぐに収入に結び付く副業とは言い難いですが、自分のスキルがお金になるのでやりがいはあります。

イラストで稼ぐにも色んなサイトがあり、色んなやり方があるので自分にあう物を探して取り組む事が必要になってきます。

またファンが居るのかで稼げる金額が大きく変わります。

  • ストックフォトで毎月10万以上稼いでいる人
  • ココナラで月7万円売る上げている人
  • 同人誌で50万円売り上げている人

やれば絶対にこれくらいの金額を稼げるわけではないですが、実際に稼いでいる人がいるのも事実です。

努力次第で稼げる金額は変わってくると思うので諦めずにトライする気持ちが大切ですね。

イラストで稼ぐコツとは?

いろんな稼ぎ方を紹介してきましたが、どんな媒体を使ったとしても

  • 徹底したリサーチ
  • 定期的な露出
  • ファンの獲得

これらは必要になってきます。

描きたいイラストと売れるイラストは違うという事。

名前を覚えてもらる為にもSNSを利用して露出を増やす必要がある。

ファンが付いているクリエイターは収益に結びつきやすいです。。

以上の事を踏まえると、

ストックフォトでリサーチ力とイラストの上達を狙いつつ、ツイッターやインスタグラムなどのSNSをうまくつかって露出を増やす。

自分のモチベーション維持のために好きなイラストや漫画をnoteに投稿または同人誌の作成する。

イラストで稼ぎたいなら複数の媒体(サイト)を効率よく使って収入を増やすのがおすすめです。

自分がどんなジャンルのイラストを得意とするのか。

イラスト販売サイトはどんなジャンルのイラストが中心なのか?

自分のイラストはどのサイトに向いているのかなどをリサーチするといいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はイラストでどうやって稼ぐのかについて紹介してきました。

  • 案件に応募するのか?
  • イラスト依頼を請け負うのか?
  • 漫画を描いて販売するのか?
  • SNSを利用するのか?

やり方は色々とあるので自分に向いてるものを選びましょう。

稼ぎたい金額もお小遣い程度で充分な人もいれば、有る程度まとまった金額を稼ぎたい人もいると思います。

どんな稼ぎ方にしろ実際に稼げる人がいるのです。

だったら誰にだってやれない事はないはずです。

今回紹介したイラストの稼ぎ方を実行してもすぐに稼ぐ事は難しいかもしれません。

努力はもちろんリサーチや戦略など考える必要はあるでしょうが、好きな事をしてお金をもらえるのなら頑張れると思うのです。

年齢が上がればあがるほど仕事は見つかりません。

今のうちから稼ぐ知識を身に付けて実践していくことが大事なんだと思います。