長く使うための曲げわっぱ弁当のおかずの詰め方

 

曲げわっぱのお弁当におかずを詰める時はいくつかのコツがあります。せっかく良い曲げわっぱ弁当箱を買ったからには長く使って行きたいですよね。「ご飯がベチョベチョになって美味しくなかった」「おかずのシミができたり液漏れして使いづらい」なんてことにならないように本記事を参考にして、ステキなお弁当タイムを過ごしてみて下さいね。

スポンサーリンク

曲げわっぱ弁当のおかずの詰め方

まずおかずを詰める前にさっと曲げわっぱ弁当を水で濡らします。こうすることでご飯が乾燥せず、おかずのシミも付きにくくなります。

ご飯の詰め方

ご飯を平皿にとり粗熱をとります。
冷めたら曲げわっぱ弁当に移します。もしくは、暖かいご飯をまげわっぱ弁当に入れ冷めるまで蓋をしないでください。この少しの手間て冷めても美味くご飯が食べることが出来ます。

汁物のおかずの詰め方

曲げわっぱに限らず、お弁当には汁気の多いおかずは腐敗や汁漏れの原因になるので必ず汁気を切る必要があります。

油物のおかずの詰め方

油シミを防ぐためには余分な油は十分に切ってからお弁当に詰めましょう。極力油シミを付けたくないなら、葉物野菜を下に引いたりアルミカップを使うのも良いと思います。曲げわっぱ弁当箱にアルミカップを使うのは嫌だなと思うのであれば、懐紙を使ってもいいかも知れませんね。

ソース系のおかずの詰め方

スパゲッティーやミートボールなど、ソースが多いおかずはお弁当の定番ですよね。プラスチックの場合は色がついても洗剤で洗えば落ちますが、曲げわっぱの場合は白木(無塗装)か、漆塗り・ウレタン塗装によって変わってきます。白木(無塗装)曲げわっぱの場合おかずを入れる前に水で濡らすのでひどい汚れは付きにくいですが、やはり色移りはします。気になる場合は、レタスなどの葉物野菜を下に敷き色移りを防いだ方がいいでしょう。葉物野菜の代わりにカップを活用するのもおすすめです。

漆塗り・ウレタン塗装まげわっぱの場合コーティングしてあるので、洗剤で洗うことができ、汚れを落としやすいので問題ありません。

まげわっぱ弁当箱のお手入れ方法。洗い方や乾燥の仕方・カビや黒ずみの対処方法を紹介
曲げわっぱの洗い方や乾かし方、カビ・黒ずみのお手入れを方法を紹介してます。

電子レンジの使用は不可

電子レンジの利用は曲げわっぱ弁当箱の変色や変形・ひび割れの原因になるのでおすすめ出来ません。お昼には温かいご飯をどうしても食べたいという人は、電子レンジ対応の曲げわっぱ弁当を使用しましょう。

おかずを前日から冷蔵庫で保管したい時

極端な温度変化はまげわっぱが変形する恐れがあります。ただ朝は忙しいから夜におかずを作って起きたいと言う人も多いと思います。前日におかずを作ったらタッパに入れ冷蔵庫で保管し、朝から曲げわっぱ弁当箱に詰め替えてはいかがでしょうか?

曲げわっぱ弁当の夏場の保存方法は?

夏場はお弁当が傷まないか気になりませんよね。保冷剤を使って傷みを防ぎたいと思っていても、保冷剤が溶けた時に水滴がお弁当箱につき、カビの原因にならないか心配になります。白木(無塗装)の曲げわっぱだと2日はもつという話を聞いた事がありますが、そう言っても安全にご飯は食べたいですしね。夏場に曲げわっぱ弁当箱を使う場合は保冷剤をハンカチに包んで置いたり、保冷バックと併用して使えば安心してお弁当を食べることが出来ると思います。

まとめ

いかがでしたか今回の記事では、曲げわっぱ弁当箱におかずを詰める時のコツを紹介してきました。

  1. ご飯を詰める時は粗熱をとってから
  2. 油物やソースのおかずは葉物野菜やアルミカップなどを使用シミを防ぐ
  3. 汁物のおかずは汁をよく切る
  4. 電子レンジを使いたい場合は専用の曲げわっぱ弁当を使おう
  5. 夏場にもあげ輪っかを使う場合は、保冷剤や保冷バッグを活用しよう

以上の点を注意しながら曲げわっぱ弁当におかずを詰めてみましょう!