簡単に人見知りを治す方法とは?たった1つの事を毎日実行するだけ!!

 

人見知りってなんですか?って質問されてあなたならなんて答えますか?

色んな回答があるかもしれませんが、
私なら「人と接するのが苦手な人です」と答えるでしょう。

もしあなたが同じ答えなら今からお話する事は役にたつかもしれません。1

スポンサーリンク

1番効果がある人見知り克服法は挨拶を自分からすること111

人見知りを治す方法を色々試してきて行き着いた結果が自分から挨拶をするという事でした。

なんだそんなことかと思う人がいるかもしれませんね。

でも、結構バカに出来ない人見知り克服法なんです。

  • 自分から話しかける行為に慣れる
  • 思い立った時にすぐに実行できる
  • 初対面の人に話しかけることができる

という利点があり毎日繰り返し行えるのがいい所なんです。

やり方簡単です。

自分から話しかける

人見知りに取って自分から話しかける行為はハードルが高いです。

近所に誰かいて話をしたくないから居なくなるまで待とう!!

なんて事を平気でするくらい人と接するのが苦手なんです。

しかし、人見知りを治す為には人と接する機会を多く持たなくてはいけないんですよね。

なので、自分から行動を起こすのが比較的簡単で、人と接する機会を多くとる事ができる挨拶が適しているのです。

挨拶は時も場所も相手との関係性も気にすることなく実行できます。

  • 近所の人
  • 同僚の人
  • すれ違う人

誰でもいいので自分から挨拶をしてみましょう。

最初は難しいかもしれません。

でも何回かやるうちに、同じ人なら自分から挨拶することに抵抗なくできるようになります。

これを色んな人に同じ様に行うだけです。

今日は何人に話しかけるみたいにノルマを自分に課してもいいかもしれません。

または1日1人ずつ自分から挨拶する人を増やしていくのでもいいですね。

挨拶のみ(会話は無理してしない)

目的は人と接することに慣れることであって、会話を上手に出来るようになるのが目的ではありません。

挨拶を交わすようになると顔見知りになりますよね。

そうすると会話をするようになるので会話の練習はその時に初めて意識すればいいんです。

まずは

人に慣れる!!

この事だけを意識しましょう。

あれもこれもと欲張りすぎるとかえって自分を苦しめることにもつながります。

人見知りを治すには焦らずに1歩ずつゆっくりと克服してい苦ことが大事です。

少しの進歩だとしても、今までできなかったことが自分でも出来たというのご自信に繋がります。

その自信が人見知りを直すために行動する勇気をさらにくれますよ。

出来れば笑顔で

自分に余裕があればでいいので笑顔で挨拶してみましょう

笑顔は人との距離を縮めてくれるので
相手と親しくなるのが早くなります。

ただし、話しかけるだけで精一杯だと言う人は無理に行う必要はありません。

同じ人に何度か挨拶するうちに自然に笑顔になってきます。

とにかく人見知り克服に無理は禁物です。

今日も頑張れたという積み重ねが必要なので、自分が出来る範囲で実行しましょう!!

サイトなどてよく見る人見知り克服法は効果がないのか?

人見知りを治したいと思って色んなサイトを見てきましたが、ハッキリいって的はずれな回答が多いと感じました。

もちろん全てではありませんが…。

色んな人見知りの治し方の中から、いくつかをピックアップして、なぜ的はずれだと感じたかをひとつずつ解説していきたいと思います。

緊張して会話が続かないのは当たり前だと割り切る

そもそも人と会話をするような状況を作りません。

だって誰にも会いたくないんですから。

そんな場所に自分がいる時点で人見知りはある程度改善出来ているんだと思うんです。

会話で緊張するのは、会話をする事になれてないだけです。

人と接するのが苦じゃなくなれば、会話する機会が増えるので緊張する事もなくなると思います。

人に好かれようと思わない

人見知りで人との関わりを避けようとしている人間が人に好かれようとは思ってません。

どちらかと言うと人嫌いです。

会わないで一生暮らせるならそれに越したことはないと本気で思ってます。

でも生活していく上で人と関わり合わないのは不可能なので人見知りを改善したいだけなんです。

生活を円滑に送りたいから。

もちろんこれは私自身の考えであって全ての人がそう思っているとは限りません。

私が人見知りを改善したいと思って探した時に感じただけです。

飲み会やパーティーなど人の多く居そうな場所に積極的に参加する

いわゆる荒治療というやつですね。

人に慣れるには積極的に人が多い所に参加するって言うのは分かります。

しかし、この方法はリスクが大きいです。

話が弾まず1人ぼっちでポツーンと過ごして、何の成果も得られず上手くできなかったと自己嫌悪に陥り人見知りが悪化する場合もあるからです。

目の前の相手に興味を持つ

これって人見知り改善に意味があるんでしょうか?

会話をする時に、相手に興味を持つのは、話のネタを作るのに有効だと思いますが、人見知りを克服することは出来ないのでないかと思います。

まとめ

多くの人がなぜ人見知りを直したいかと言うと、人と接するのが苦手だからです。

人と接するのが苦手なので、社交的な人と比べて圧倒的に会話をする機会が少なくなります。

話すことに慣れてないので口下手になり会話が上手く出来ません。

会話が弾まないから初対面のひとが苦手なんです。

人見知りだから人と話すのが苦手なのは当たり前なんです。

すべてはひとつに繋がっているんだと思います。

まずは最初の1歩を踏み込むところからはじめてみてはいかがでしょうか?