【絵本で多読】Don’t let the pigeon drive the bus ! を読んだ感想と使えるフレーズ

英語の勉強を飽きずに楽しくやりたいという想いから絵本で多読をやっています。

どうせなら読んだ本の紹介を兼ねて覚えた事をアウトプットすることにしました。

 

  • 多読をやってみたいけど何の本を選ぶべきなのか分からない人
  • 絵本を読みたい人
  • 子供向けの絵本を探している人

そんな人には参考になる記事なので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

スポンサーリンク

1.絵本タイトル

Don’t let the pigeon drive the bus !


 

2.著者名

Mo willems (モー ウィレムズ)

セサミ人の脚本家でありアニメーション作家

Don’t let the pigeon drive the bus ! で初めての絵本でコールデコットオナーブック賞を受賞

コールデコット賞とは児童図書館協会がアメリカ合衆国でその年に出版された最も優れた子ども向け絵本に毎年授与している賞

 

Mo willems (モー ウィレムズ)さんについてもっと詳しく知りたい人はWikipediaをどうぞ

 

3.イラストレーター

コミカルなpigeonのイラストもMo willems(モー ウィレムズ)さんが描いています。

 

ちなみにこのyoutube動画では、モーウィレムズさんが絵本のキャラクターのpigeonの描き方を教えています。

 

 

4. 絵本のあらすじ

バスを離れる運転手が鳩には運転させないで!と言って去っていく所から物語が始まります。

傍にいた鳩がバスの運転をしたくて語りかけてくる。

あなたは鳩にNO!といえますか?

そんな内容になっています。

5. 絵本を読んでみて

  • 文字数が少なく最後まで読みやすい。
  • 会話文で話が進んでいくので英会話の勉強にもなる
  • 絵本の最後のオチが面白い
  • イラストが独特で好き嫌いが分かれる

6. 日常英会話で使えそうなフレーズ

I never get to do anything!  (何もすることができない!)

何もやらせてもらえない!』みたいな感じで使えばいいのかなと解釈。

意味がわかってもどんな場面で使うのかが難しいですね。

子どもだと使えそうなフレーズですね。

親にあれはダメ!これはダメ!なんて言われた時に、I never get to do anything!なんてね(笑)

 

7. 購入先

 


 このリンク先より購入できます。

ハードカバーとペーパーバッグで値段が変わります。

書店だと外国書籍扱うお店なら手に入るのでは?

8. YouTube動画で絵本が見れる読み上げ動画の紹介

紹介している動画は再生数が多く動画を見ている人が多いので、ネイティブの発音で中身を聞きたい人におすすめです。

購入前に中身を見たい人や無料で英語の勉強をしたい人絵本代を節約したい人は動画をcheck!

 

 

9. 著者の他の作品紹介

  • ピジョンシリーズ


 

  • ナッフルバニーシリーズ


 

  • エレファント&ピギーシリーズ

 


 

10. 日本版絵本

Don’t let the pigeon drive the bus !は日本語版でも出版されています。

Amazonでは中古品での出版のみのようです。一応リンク貼っておきます。

 


 

11. まとめ

 

  • 文字数が少なく読みやすいので英語で多読を始めるきっかけにはおすすめの絵本
  • シリーズ物が好きな人も楽しめる絵本
  • 子どもの初めての英語の絵本にも最適

今回紹介したモーウィレムズさんの絵本はいろいろあるので、『Don’t let the pigeon drive the bus !』が気に入ったなら他の作品を読むのもおすすめですよ。

私は他にはナッフルバニーシリーズの絵本を読んだ事があるんですが、このDon’t let the pigeon drive the bus !よりは文字数も多いですし読みごたえはありました。

その本についてもいつか紹介したいと思います。

第一回目の英語の勉強・絵本で多読!Don’t let the pigeon drive the bus ! を読んだ感想と使えるフレーズでした。